「予定通りにいかなかった」を失敗のままで終わらせない

こんにちは。タテエツです。

 

週末ですね。
今週はどんな1週間でしたか?

 

予定通り進めばもちろんOKですが、
予想よりも仕事に時間がかかったり、
想定外の事がおこったり。

 

手帳に書いたとおりに行かない事も
もちろんあります。

 

その時に大切なのは、
「うまくいかなかった」だけで終わらせない事。

 

手帳を使って、振り返りと微調整を
していきましょう。

 

まずウィークリーを開きます。
1)時間軸が真っ白だったら、
覚えている範囲・ザックリで良いので、
何をしていたか書き足します。

 

2)良かった出来事、反省したこと。
思い出せる範囲で書いておきます。

 

3)左端に、今週できたこと、やれたことをリストアップ。
がんばった自分を見つけるように、
ささいな事も書いておくのがポイントです。

 

4)今週やる予定でできなかったことを
見直してみます。
来週がんばれることは、来週に。
もう2週間くらい持ち越していることがあれば、

 


☑本当にやる必要があるのか?

☑どうしてやりたいと思ったのか?

☑やらないと困る・迷惑がかかることか?


再度考えてみます。

 

思いついた時は
『やらなきゃ!( ゚Д゚)!』と、思っていても
時間が経つと変わってくることはあります。

 

自分が立てた目標にしばられないで、
再度くみなおすつもりで。

 

☑ToDoから外す
という選択も時には必要です。

 

☑ToDoのハードル自体をさげる事も大切。

 

例えば、

 

☑ 〇〇さんに手紙を出す

☑ 切手があるかどうかチェック
☑ 切手を買いに郵便局に行く
☑ レターセットを買う
☑ 机の上に出して置く・・・

 

と、1分でできる位まで細かくわけて
週末、もしくは次週のToDoに組み込むと
一歩踏み出しやすくなりますよ♪

 

大事なのは、
「歩みを止めない事」

 

左端にリストアップした、今週出来た事。
1つでもあれば、確実に前に進んでます。

 

出来た事があるんだから、
出来ない事にしばられたら勿体ないですよ(#^^#)

 

微調整が難しいときは、気軽にご相談くださいね♪
一緒に次の一歩を見つけましょう。

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


1級建築士・構造設計1級建築士。
トリノメ工房 手帳職人。

構造設計を15年間経験し、その間に自分で手帳を作り始める。

現在は、夫と設計事務所を運営しながら、オリジナルのトリノメ手帳を製作しています。

プロフィール詳細はこちらをご覧ください→★★★

マイストーリー

私がトリノメ手帳をつくるに至った物語をお話ししています。

マイストーリ一覧はこちら★★★

アーカイブ