TODOリストと備忘録を使い分けるとスッキリします

こんにちは。タテエツです。

 

昨日は母の日。
長男が、プレゼントに私の大好きな
お好み焼きを作ってくれました♪


何度も作っているので、私よりも焼くのが100倍上手です。
失敗したこともありますが、今は殆どしないですね。
嬉しくて、美味しくて、つい泣いてしまったことはナイショ(笑)

 

失敗と言えば、私がこれまで「失敗してたなあ」と思うことがあります。

 


私がやっていた手帳の失敗


それは、

TODOリストと、タスクリストそして備忘録。
「それぞれの役目をきちんと分けていなかったこと」です。

 

【失敗してたやり方】

(1)まず、今週やることリストを、手帳の左スペースに作成。

(2)週の途中で、

 ☑割り込んできたこと
(別に今週じゃなくてもいい仕事の依頼)

 ☑やりたいなあ~と思ったこと
(いつでもいいけど、できたらやりたい)

 ☑アイデア的なもの
(これやってみたらいいんじゃない?
みたいな、思いつきやブログネタ)

 

これを、出てくるたびに左スペースに
追記していました。


(3)すると、どうなるか?というと、

「やらないといけない事が、延々と増えていく」

んですね。そして、

→ 増えていくから、キャパオーバーになって、

 

→「今週はこれだけやることが残った・・・」
「全部できなかった・・・」と、なる

 

【その結果。】

なんか私って、段取り悪い・・・
なんか私って、時間の使い方がヘタ・・・

ガックリ・・・_| ̄|○

 

いや・・。

いや違う。

多分、そうじゃない(-_-;)

 

これは、そもそもの使い方が
まずかったんじゃないかと。

 


TODOとは
「明確な締め切りは決まっていないけど、ある一定の期間内にするべきこと」


 

つまり、ウィークリーの左スペースに書くのは、
「明確な期日は決まっていないけど、今週するべきこと」

 

だから、

☑ 週の途中で割り込んできたことや、
☑「いつかやったらいいなあ」と思いついたこと、
☑ アイデア的なメモ

みたいな、今週じゃなくてもいいかもしれない事は、
いきなりここに書くべきじゃないんですね。

 

手帳に書く前に、まず、

 

☑忘れなければいい程度なのか?
☑来週、再来週にやればいいのか?
☑今週やる必要があるのか?

 

それを見極める必要があるんです。


とりあえず書く場所は 備忘録(びぼうろく)


【備忘録】とは

忘れたときの用意に用件などを書きとめておく帳面。メモ。

(デジタル大辞泉より)

 

これを踏まえて、変えてみた手順はこうです↓

 

(1)思いつきや、急な仕事などがはいる
(2)メモ帳やノート(備忘録)にまず書き出して、
(3)必要があると判断すれば、ウィークリーの左スペース(TODOリスト)へ転記。

単純な使い分けですが、とても効率がいい!!

 

一旦ふるいにかけることで、
最優先すべきことが見えやすいし、
放っておいていいことが明確になるので、
気持ちもラクになります。

 

書き出せる場所があることで、頭の中も
クリアになりますしね(*^^*)

 

メモは、業者さんにいただいたものを
たちまち使っていますが、これが
使い勝手がよくてハマっています。


無くなったらどうしようかな(^^;)

 

当面、この使い方で行ってみようと思います♪

 

Facebookしています。
ぜひつながってくださいね。
「ブログみました」と、一言メッセージを
添えていただけると嬉しいです♪

Facebook個人ページはコチラ→★★★

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


1級建築士・構造設計1級建築士。
トリノメ工房 手帳職人。

構造設計を15年間経験し、その間に自分で手帳を作り始める。

現在は、夫と設計事務所を運営しながら、オリジナルのトリノメ手帳を製作しています。

プロフィール詳細はこちらをご覧ください→★★★

マイストーリー

私がトリノメ手帳をつくるに至った物語をお話ししています。

マイストーリ一覧はこちら★★★

アーカイブ