07 今週のToDoを書き出してみる

基本の使い方 7回目です。

(シリーズ一覧はこちら→基本の使い方

 

スケジュールの枠組みが決まったら、
やらなければいけない事を書き込んでいきます。

 


まずは、全部出してみる


いろいろな方法がありますが、
今、トヨタ式で書き出すのがしっくりきています。
関連記事→効率的に優先順位をつけるためにトヨタ式を試してみました

 

メモ帳や、大きめの付箋を用意します。

緑色でラインを引き、マスを作ります。


この時、1段ごとに自分の役割を割り振っておくと、
バランスがとれた生活になっているかどうかが
一目でわかります。

ちなみに、今の私は

  1. 自分
  2. 仕事(建築関係)
  3. 友人
  4. 手帳職人(トリノメ工房)

という7つの役割で分けています。

マスの中に、抱えていることを全部書き出していきます。

書き出せたら、優先順位の高いものから、
1週間の内、どこでやるか?
スケジュールとして組み込んでいきます。

 


ウィークリーの左端を活用


一気にスケジュールに落とし込むのが難しい場合は、
ウィークリーの左端のスペースに列挙しておきます。

 

☑ 上からは仕事の事。
☑ 下からプライベートの事と言った感じで、
分類しておくと、見た目でわかりやすいですよ(#^^#)

 


チェックボックスをつけてメモとタスクリストを区別する


手帳にはやらなければいけない事と、
ちょっとした覚書=メモが混在します。

 

そのまま書いていると、わけが分からなくなってくるので(^^;

タスクには□のチェックボックスを付ける。

というルールを決めています。

やらない事と決めた事にもチェックボックスをつけます(笑)

 

チェックボックスがあることで、やり忘れたらすぐにわかります。

 

☑ 今、自分が抱えていること
☑ 今、自分がやるべきこと
☑ そして、そのバランスが取れているか?

 

確認できると、とてもラクになりますよ(#^^#)

基本の使い方シリーズ、続きます。

(シリーズ一覧はこちら→基本の使い方

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


1級建築士・構造設計1級建築士。
トリノメ工房 手帳職人。

構造設計を15年間経験し、その間に自分で手帳を作り始める。

現在は、夫と設計事務所を運営しながら、オリジナルのトリノメ手帳を製作しています。

プロフィール詳細はこちらをご覧ください→★★★

マイストーリー

私がトリノメ手帳をつくるに至った物語をお話ししています。

マイストーリ一覧はこちら★★★

アーカイブ