タスクリストとTODOリストと、備忘録のちがい

こんにちは。タテエツです。

 

手帳の使い方や時間管理、
定時に帰るにしても、
避けて通れないのが

 

『やる事、やらないといけない事をこなすということ』

 

この時によく聞くのが、

 

☑︎備忘録
☑︎TODOリスト
☑︎タスクリスト
この3つですね。

ちなみに、この意味や使い方の違い、
きちんと区別できてますか?

何となく一緒のように思えますが
実は全然ちがうものなんです。

違いを知って使い分けたら、効率も上がるしストレスも激減するんです。

そこで、この3つについてご紹介していきますね(*^_^*)


緊急性と重要性


簡単に言うと、

【備忘録】
→忘れないためのメモ

 

【TODOリスト】
→いずれやればいい事=先送りができる

 

【タスクリスト】
→期限が決まっていて、それまでに必ずやらないといけない事=先送りできない

 

緊急性と重要性が一番高いのがタスクリスト。
続いてTODOリスト。
1番低いのが備忘録。

 

まずは基礎知識として押さえておきましょう。

 

☆Facebookやっています。
ぜひつながってくださいね(*^^*)
「ブログみました」と、一言メッセージを
添えていただけると嬉しいです♪

Facebook個人ページはコチラ→★★★

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


1級建築士・構造設計1級建築士。
トリノメ工房 手帳職人。

構造設計を15年間経験し、その間に自分で手帳を作り始める。

現在は、夫と設計事務所を運営しながら、オリジナルのトリノメ手帳を製作しています。

プロフィール詳細はこちらをご覧ください→★★★

アーカイブ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。