手帳を使う本当の目的は「5分間のため」だったりします

こんにちは。タテエツです。

 

3月に移転したうちの設計事務所は、
子供の学校の通学路にあります。

 

子どもたちは、学校帰りに毎日
「ただいま~♪」と寄りみちします。

 

先日、デザイン設計事務所をされている方と
お話をしている時にその話題になって。

 

そのお宅も、お子さんが小さい頃は、
よく事務所に寄っていたそうです。

 

「親が働く現場を見るのは、
子供にとってもいいと思いますよ。」

 

毎日のように寄るので、どうかなあと
思う気持ちが無いでもなかったんですが(^^;)
この言葉で、とても気持ちがラクになりました。

 

☑ おやつを食べて、
☑ 一休みして、
☑ 宿題をして。

 

長男は先に帰りますが、
次男は私をまっていて、
一緒に帰るのを楽しみにしている様子。

 

自宅は徒歩5分のところにあるので、
たった5分ほどのデート(笑)ですが、

 

誰にも邪魔されず、2人だけで
いろんな話をするのがとても嬉しいようです。

 

自営業ですから、自分の仕事量=収入。

 

ホントは、夜遅くまででも
「仕事をしなきゃ!」という状況ですが、

 

「きゅっ」と手を握って歩いてくれる
嬉しそうな横顔を見ていると、

 

「何がなんでも早く帰らなくちゃ!!」

 

というスイッチが入ります(笑)

手帳とノートをフル活用で、
時間を効率的に使おうと励むのは、

 

ただ、ただ。
「手を握って歩く5分間」
手にしたいからなんですよね。

 

あなたは、何を手にしたいですか?

 

 

Facebookしています。
ぜひつながってくださいね。
「ブログみました」と、一言メッセージを
添えていただけると嬉しいです♪

Facebook個人ページはコチラ→★★★

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


1級建築士・構造設計1級建築士。
トリノメ工房 手帳職人。

構造設計を15年間経験し、その間に自分で手帳を作り始める。

現在は、夫と設計事務所を運営しながら、オリジナルのトリノメ手帳を製作しています。

プロフィール詳細はこちらをご覧ください→★★★

マイストーリー

私がトリノメ手帳をつくるに至った物語をお話ししています。

マイストーリ一覧はこちら★★★

アーカイブ