手帳とリストで、残りの宿題を一緒に数えてみる

こんにちは。タテエツです。
朝晩、涼しい日が多くてエアコンをかけずに寝る日が増えました。

 

お盆を過ぎて、夏休みも残りわずか。
子供たちの宿題が進むようにと、
先日作ったチェックリストのその後です。

→過去記事:親子で俯瞰(ふかん)=トリノメで見る 夏休みの宿題

 

どうなったかというと・・・。
子供たちなりに、やってるみたいです。

すでにボロボロになってますが(^_^;)
ちゃんと使ってくれている証拠かな(笑)

 

長男は割とがんばりますが、次男は集中力が続かず、
ついついサボってしまうみたい。

 

でも、ちゃんと進んではいますから、お盆前に
一緒に状況を確認してみることにしました。

 

1)まず、残っている宿題を数えます。

 

2)そして、ガントチャートで夏休み終わりの日から
逆算して日数を数えます。

残っている宿題を、残り日数で割ると、
1日あたり、最低限こなす量が出てきますね。

 

「うえ~~~~、まだこんなにあるん。。。゚(*>_<*)ノ」

 

「ほら、でも、こんなに出来てるしヾ(*´∀`*)ノ
こないだ数えた時からしたら、すごい減ったじゃん♪」

 

ホント、サクサクこなせる子は良いのかもしれませんが、
ゆっくりペースの我が家にはなかなか厳しい量です。

 

でも、ちゃんとやろうとしてるし、行動もしてる。

 

『まだ手付かずのチェックボックスを数えては、
残り日数で割ってみる』という作業、長男には
定着してきたみたいです。

 

こういう姿を見ていると、夏休みの宿題って、
勉強そのものはもちろんなんですが、

「全体を見て段取りを組む」という練習なのかもしれないですね。

 

明日は土曜日。

 

ゆっくり休ませてあげたいと思います(*^^*)

 

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール


1級建築士・構造設計1級建築士。
トリノメ工房 手帳職人。

構造設計を15年間経験し、その間に自分で手帳を作り始める。

現在は、夫と設計事務所を運営しながら、オリジナルのトリノメ手帳を製作しています。

プロフィール詳細はこちらをご覧ください→★★★

マイストーリー

私がトリノメ手帳をつくるに至った物語をお話ししています。

マイストーリ一覧はこちら★★★

アーカイブ