あれもこれもと、詰め込みすぎの時に付せんでバランスをとる方法

こんにちは。タテエツです。

 

いろんな事をやってみたくなる
性格の私。

 

うっかりすると、「あれもこれも」と
手を出して、自分をがんじがらめに
してしまいます(汗)

 

そこで使い始めたのが、この付箋の書き方。

マインドマップ方式で、中心に日付。
笑顔を書いているのは、マインドマップを
教えていただいた植木希恵さんが書かれていたのを
真似させてもらってます(^^)

 

そこから、
「自分」「母」「妻」「手帳職人」
「娘」「友人」「一級建築士」

の枝を伸ばします。

 

これは、自分の中で大切にしたい
自分の役割をあげたもの。

それぞれの役割について、

◯ やらないといけないこと、
◯ やりたいこと、大切なこと

これを書き出してみます。

 

 

例えば、
「母」としてやりたいことの一つが、
絵本の読み聞かせ。

 

「じゃあ、毎日の中でどこならできるかなあ?」

と、言うのを、週間ページを見ながら
考えます。
slooProImg_20161011124719.jpg

 

 

こうやって、それぞれの役割について
【大切な事を書き出して】
【時間に落とし込んで行く】ことで、

 

バランスが取れてきますし、逆に
詰め込みすぎてることも見えてきます。

 

『やりたいこと』って、目に見えないので、
私はなかなか減らせませんでしたが、
こうやって手帳の時間軸に落とし込んでいくと、
「これはムリだ!!(゚д゚)!」

 

と、良い意味で、あきらめがつくように
なりました(笑)

 

きっちりこなすよりも、

1週間でバランスが取れているかどうか?

これを見るほうが大事なので、その辺は
ゆるめにしてくださいね(^^)

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


1級建築士・構造設計1級建築士。
トリノメ工房 手帳職人。

構造設計を15年間経験し、その間に自分で手帳を作り始める。

現在は、夫と設計事務所を運営しながら、オリジナルのトリノメ手帳を製作しています。

プロフィール詳細はこちらをご覧ください→★★★

マイストーリー

私がトリノメ手帳をつくるに至った物語をお話ししています。

マイストーリ一覧はこちら★★★

アーカイブ