予定を最初に書き込む場所。決めるポイントはこれ

こんにちは。タテエツです。

 

昨日、ブログを再開していろんな方から
メッセージ頂きました。
ありがとうございます(*^^*)

 

さて、そんな新年度始まり。
年間予定もいろいろと入ってきますね。

 

私は今年、子ども会の役員を担当
しているので、忘れちゃいけない
行事予定が結構あります。


予定表をもらったら、忘れないように
手帳に書き込みます。

 

最初に書く場所を選ぶポイントは、

 

「日々の生活の中で必ず見るページ」

 

具体的には

☑マンスリー と、

☑ウィークリー


 

家族でカレンダーを使っている場合は
それにも書き込んでおきます。

 

☑集合時間や報告内容
☑準備物など

 

こんな詳しい内容がある場合は、マンスリーのメモ欄。
そして、ウィークリーに書き込み。

細かい内容や時間がわからないものは
行事名だけ書いておきます。

 

同じことを何度も書くことになりますが、
マンスリーもウィークリーも、
毎日のスケジュール管理の基本になる場所。

 

リビングに貼ってあるカレンダーは
家族とのコミュニケーションツール。

 

必ず見る場所ですから、書いただけで
見返さなかった・・・なんてことには
ならないし、

 

2回、3回と「手書き」することで
強く印象に残るので、思い出しやすくなります。

 


面倒くさく感じても、それは最初の1回だけ。


裏を返せば、最初に必要な場所すべてに
書き込むことで、一年間、

「なんか、忘れてるような気がするんだけど。。。」

という不安から解放されます

 

新学期が始まったら、子供の学校の
予定表も配られます。

 

 

気持ちよい一年をスタートできるように、
手書きの楽しさを味わいながら
書いてみて下さいね(#^^#)

 

 

☆Facebookやっています。
ぜひつながってくださいね(*^^*)
「ブログみました」と、一言メッセージを
添えていただけると嬉しいです♪

Facebook個人ページはコチラ→★★★

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


1級建築士・構造設計1級建築士。
トリノメ工房 手帳職人。

構造設計を15年間経験し、その間に自分で手帳を作り始める。

現在は、夫と設計事務所を運営しながら、オリジナルのトリノメ手帳を製作しています。

プロフィール詳細はこちらをご覧ください→★★★

マイストーリー

私がトリノメ手帳をつくるに至った物語をお話ししています。

マイストーリ一覧はこちら★★★

アーカイブ