プロフィール

構造設計一級建築士・手帳職人。
広島市内の設計事務所に15年間勤務。
その後、夫と共に構造設計事務所を主宰。

 

主に鉄筋コンクリート造マンションや、
鉄骨造事務所・倉庫の新築、改修などを
行っている。

 

会社員時代から、手帳を愛用。
その理由は、

 

☑要領のよくない自分の欠点を補い、
☑仕事の段取りや効率をよくするため。

 

そして、
夢や理想を追い求めるだけじゃなく、

☑「今ある日々の中に幸せを感じられる事」
☑「今を大切にできること」

が、何より大切で必要だと実感。

 

そのために、
「心と時間を整える事」も手帳の重要な役割
だと位置付けて、手帳を使っている。

 

2014年から手帳の自作を始め「トリノメ手帳」と命名。
インターネットを通じて1月始まりと4月始まりを販売。

 

☑ 日曜日始まり
☑ 7日間均等割バーチカル
☑ メモが多い
☑ 1年間を3冊に分けているので持ち運びや書き写しがラク。
☑ シンプルなデザイン

 

といった作りが好評。
購入者は日本全国に広がり、年々販売数を増やしている。


【手帳の名前である「トリノメ」とは】

人生を良くしていくためには、
未来・現在・過去を『俯瞰』(ふかん)
して、日々調整していくことが必要。

『俯瞰』
=『空を飛ぶ鳥がみているような目線』
=『鳥の瞳』
=『トリノメ』

そんな想いを込めた造語。


1977年 広島生まれ
2000年 広島市内の設計事務所に入社。
2004年 結婚
2006年 一級建築士取得・長男出産
2007年 職場復帰。

復帰1週間で長男が高熱で緊急入院となり、
子供をもって働き続ける事の厳しさを知る。

2010年 次男出産。
2011年 職場復帰。

家庭と仕事のバランスに悩み始める。
「目の前のことだけでせいいっぱい。
追われるばかりの毎日の先にある未来は?」

を意識し始める。

2012年 ライフオーガナイズ・整理収納について学び、
それぞれ資格を取得(現在は休会中)

「ただ、捨てればいいのではない。」
「自分はどんな人生を送りたいのか?」

片付けも人生も、最初に目的を明確にすることが重要である事を知る。

 

2013年 知人から、オリジナル手帳制作の依頼を受ける。
2014年 トリノメ手帳の原型完成。
2015年 トリノメ手帳の製作権利を譲り受け、
「トリノメ工房」を設立し、手帳制作を開始。

構造設計一級建築士取得。退職。
夫が代表を努める設計事務所で、
実務と並行して手帳製作を続行。

2016年 トリノメ工房の公式サイトをリニューアル。

RETURN TOP

プロフィール


1級建築士・構造設計1級建築士。
トリノメ工房 手帳職人。

構造設計を15年間経験し、その間に自分で手帳を作り始める。

現在は、夫と設計事務所を運営しながら、オリジナルのトリノメ手帳を製作しています。

プロフィール詳細はこちらをご覧ください→★★★
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

アーカイブ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。