14 貴方の答えはなんですか?

手帳の基本の使い方シリーズ。
今回で最終回です。

(シリーズ一覧はこちら→基本の使い方

使い方を一通りなぞることで、
手帳を使うことはできます。

 

もともと、設計の仕事の段取りを良くするために
使い始めたフォーマットなので、ビジネスに
使っていただければ、効率もよくなります。

 

なんですが。

 

手帳を使う上で、どうしてもお伝えしたいことがあるんです。
それは、


□ 誰と過ごして、

□ 何をして、

□ どんな自分でありたいか?

 

貴方なりの答えはありますか?


□ 誰のために

□ 何のために、

□ どうして自分ががそれをするのか

 

貴方なりの答えはありますか?


 

この答えは、一人ひとり違うし、
環境や状況によっても変わりますから、

 

「これが正解!」

 

と言うものはありません。
おまけに抽象的すぎて、よくわからないかもしれません。
けれど、ぼんやりとでもいいから、
この問いかけの答えを持っておくこと。

 

それは、
幸せな人生を生きる上で、絶対に必要です。

 

私も、この問いかけを長い間続けてきて、
今もやっぱり問い続けています。

 

答えを言葉にすることで、毎日がとてもラクになるんです

 

どうしてか?

 

自分の行動に目的と意味を見いだせると、
自分の人生を自分で決められる充実感が
生まれるから

だと、私は感じています。

 

☑いつも何かに追われて、せかされるように
前に前に進んで、

 

☑抱えきれないくらいのやることをフラフラに
なりながら、何とかこなす。

忙しい男性

 

そういう、「やらされている状態」って、苦しくないですか?
私は苦しいです (汗)

 

でも、それが

 

☑ 誰のためで、

☑ 何のためで、

☑ どうして自分がしているのか?

 

明確になった瞬間に、「やらされる側」から
「自らやる側」に気持ちが切り替わるんです。


それって、夢に向かったキラキラしたことでは
ないかもしれません。

 

毎日のルーチンワークだったり、雑務だったり。

 

ゆっくり寝ていたいのに、夜泣きで
子供に起こされることかもしれません。

 

 

でも、目的と意味をもってできる時って、
それに幸せを感じられるんです。

 

今日、幸せを感じることが出来る人は、

きっと、明日も幸せを感じることが出来る人。

今日、ぐちばかりこぼす人は、
明日もきっとぐちをこぼしたくなるでしょう。

 

けれど、今追い込まれて、いそがしくて、
本当にどうしようもない時って、

 

□ 誰のために

□ 何のために、

□ どうして自分ががそれをするのか

 

なんて、

モヤッとしたこと考える余裕なんてないよ!!(#・∀・)

っていうのも、確かです(^^;)

 

だから、まずは今、目の前のスケジュールやタスクを
1つずつ手帳に書いて整理してみて欲しいんです。

ぎゅうぎゅうに物が詰め込まれた部屋も、
物を整理していけば、隙間ができるように、

 

忙しくてどうしようもない暮らしも、
一つずつ書き出して整理していけば、
余裕がうまれます。

 

最初の一歩はペンを手に取り、手帳を開くくらいの
些細なことかもしれません。

 

でも、その一歩がやがて、人生を豊かにする道へとつながります。

 

どうか、貴方の人生が豊かに、幸せに包まれますように。

心から願っています(*^^*)

 

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


1級建築士・構造設計1級建築士。
トリノメ工房 手帳職人。

構造設計を15年間経験し、その間に自分で手帳を作り始める。

現在は、夫と設計事務所を運営しながら、オリジナルのトリノメ手帳を製作しています。

プロフィール詳細はこちらをご覧ください→★★★

マイストーリー

私がトリノメ手帳をつくるに至った物語をお話ししています。

マイストーリ一覧はこちら★★★

アーカイブ