ノッポさんはまるで神様。手作りを始めた子供時代【マイストーリー1】

こんにちは。タテエツです。

 

私が一級建築士になり、手帳職人になるまでを
ちょっとずつ書いていこうと思います。

何回かに分けますので、良かったら
お付き合いください(^^)

 

 

私は、昭和52年12月に、広島の
五日市というところで生まれました。

 

父は左官職人。
母は専業主婦。
ちなみに、母方の祖父は大工でした。

 

母はそれまでに流産を2回経験していたため、
無事に生まれた事をとても喜んで、
「この悦びを奪うものはない」という、
聖書の一文から、「悦子」と名付けたそうです。

 

とてもおとなしい子で、外に出て
はしゃぎまわるよりも、家の中で静かに
遊ぶ方が好き。

 

最近にしては珍しい、4人兄弟。
私は長女です。
家の中は、いつも賑やか大騒ぎでした。
%e5%ad%90%e4%be%9b%e3%81%ae%e9%a0%83%e3%81%ae%e5%86%99%e7%9c%9f

(↑私が9~10歳の頃)

 

 

当時住んでいた家は、工事現場に
よくある、現場事務所のような倉庫の
2階でした。

 

中はキレイで広くて、快適だったんですが、
なにせ見た目が古い倉庫だったので、
近所の男の子達に

 

「お前の家はボロ屋だ、お化け屋敷だ」

 

と、からかわれたり、イジメられたり。
小学生の男の子にありがちでしょ(^_^;)

 

母は、『気にしなきゃいいのよ』
と、言ってくれましたが、幼心に
気にしないことができなかった私(苦笑)

 

逃げるように、インドア派になりました。

 

今なら全然平気なんですけど(^_^;)
当時は、立ち向かう気の強さを持ち合わせて
いなかったんですよね。

 

私もその点では強くなりました(笑)

 

市販のおもちゃを滅多に買わない主義の家庭で、

「欲しいなら自分で工夫してつくりなさい」と、

■ お菓子の空き箱
■ ヤクルトの容器
■ プリンカップ etc

こういうものが常に沢山ストックされていました。

 

「できるかな」というNHKのこども番組を
見ながら、メキメキと工作の腕を上げた私たち。

ノッポさんは、私にとってまさに「神様」でした(笑)

2

(画像はお借りしています)

 

「自分で作る」

 

そんな根っこは、この頃に育ったように思います。
そして、手帳の根っことも言える中学から高校時代へ。

 

続きます。

【マイストーリー2】 作ってかなった夢

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 11月17日
  2. 2016年 11月23日
  3. 2016年 11月30日
  4. 2016年 12月7日
  5. 2016年 12月14日
  6. 2016年 12月25日
  7. 2017年 1月8日
  8. 2017年 1月15日

プロフィール


1級建築士・構造設計1級建築士。
トリノメ工房 手帳職人。

構造設計を15年間経験し、その間に自分で手帳を作り始める。

現在は、夫と設計事務所を運営しながら、オリジナルのトリノメ手帳を製作しています。

プロフィール詳細はこちらをご覧ください→★★★

アーカイブ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。