03 マンスリーに予定を書き込む時のポイント

こんにちは。タテエツです。
手帳の基本の使い方シリーズ3回目です。
(シリーズ一覧はこちら→基本の使い方

 

 

今回は、
【マンスリーに予定を書き込む時のポイント】
まず休日を確保したら、次は予定を
書き込んで行きましょう(*^^*)

 

その時のポイントは2つ


☑ マンスリーに書く予定は最大3つ

☑ 上・中・下で書こう


 

トリノメ手帳のマンスリーは見開きで2ヶ月分。
だから1日あたりのスペースがあまり大きくありません。

 

ということは、沢山の予定を詰め込んで
書くのは難しい上に見にくいです。
これを踏まえて、

 


マンスリーの1日枠に書く予定は『最大でも3つ』


を、マイルールにしています。

 

3件以上予定が入る時は、ガントチャートか、
ウィークリーを使いましょう。

 

 

そして、もう一つのポイント。

 


枠の中の「上・中・下」の位置に、
「午前・午後・夕方以降」の予定を
書くようにする。


例えばこの3つの予定があったとします。
☑ 19:00~21:00 飲み会
☑ 9:00~11:00 訪問予定
☑ 13:00~15:00 打ち合わせ

 

これだと、時間が前後して、
一日の流れがわかりにくいですよね。

 

↓ ↓ 直してみましょう ↓ ↓

(午前)  9:00~11:00 訪問予定
(午後)  13:00~15:00 打ち合わせ
(夕方以降)19:00~21:00 飲み会

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
こんな感じで♪

 

◯ 午前の予定が入ったらマスの大体上に
◯ 午後なら真ん中あたり。
◯ 夕方から夜にかけての予定は下側に。
o0480064013594968205

これだけで、後で予定を確認するときに
とてもスッキリして見えますよ(*^^*)

 

次は、自分以外の人の予定を書いてみます。

 

(シリーズ一覧はこちら→基本の使い方

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール


1級建築士・構造設計1級建築士。
トリノメ工房 手帳職人。

構造設計を15年間経験し、その間に自分で手帳を作り始める。

現在は、夫と設計事務所を運営しながら、オリジナルのトリノメ手帳を製作しています。

プロフィール詳細はこちらをご覧ください→★★★

マイストーリー

私がトリノメ手帳をつくるに至った物語をお話ししています。

マイストーリ一覧はこちら★★★

アーカイブ