手帳が続かなくなってきた。そんな時にできる使い方

こんにちは。タテエツです。

 

2月8日は、実家の私の母の誕生日でした。
こどもたちと一緒に手作りケーキで
お祝いしました(#^^#)

実家は割と近いので、毎週顔を
見に来てくれます。

ありがたいですね・・・。
母にとっては、40近くになっても、
私は子どもに違いないそうで・・・。

 

子どもの気持ち、親の気持ち。
ようやく、少しわかってきた今日この頃です。

 

親の気持ちと言えば。
私は、手帳を自分で作るので、
言ってみれば手帳は「我が子」

だから、

☑1ヶ月経ってみて、なんかしっくりこない。

☑だんだん使わなくなってきた。

☑気が付けば真っ白で、放置・・・。

 

って、やっぱり寂しくなるんです。

 

でも、仕事やライフスタイルに
あっていないのに使い続けるのもむずかしいですよね。

 

そんな時は1分でできる、
メンタルチェック手帳として使ってみてはどうでしょう?

 

使い方は簡単。

月間カレンダーの今日の日付の部分に
マルをつけます。


それだけ?・・・( ゚Д゚)

 

 

はい。それだけです。

 

 

1~2週間書いたら、眺めてみて下さい。

 

 

日によって、同じマルでも
大きさや形が微妙に違うんです。

 

良いことがあった日、
ちょっと嫌な事があった日。
気持ちによって、変化してくるんですよね。

嫌な事があっても、落ち込み過ぎない。
嬉しいことがあっても、調子に乗りすぎない。

 

これは、家族や仕事仲間、
そして自分のために。
私がとても大切にしていることですが、

 

それには、自分の状態を知ることが
すごく大事。

 

こうやってチェックすると、自分の
気持ちの揺れ動き、状態が、
ハッキリと目に見えます。

 

たかがマル。されどマル。
デジタルではなく、手書きだからこそ、
そのひとふでには、心が乗ってきます。

 

自分を客観的にみるって、言葉では
簡単だけど、実際の行動には
なかなかできません。

 

こういうちょっとしたツールも
大きなヒントになりますよ。

 

 

真っ白になりそうな手帳があったら、
ぜひ活用してみて下さいね(#^^#)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


1級建築士・構造設計1級建築士。
トリノメ工房 手帳職人。

構造設計を15年間経験し、その間に自分で手帳を作り始める。

現在は、夫と設計事務所を運営しながら、オリジナルのトリノメ手帳を製作しています。

プロフィール詳細はこちらをご覧ください→★★★

マイストーリー

私がトリノメ手帳をつくるに至った物語をお話ししています。

マイストーリ一覧はこちら★★★

アーカイブ