ガントチャートを使って子供の生活リズムを改善にチャレンジしてみます

こんにちは。タテエツです。

 

昨日は仕事の合間をぬって、
小学校のプール当番。

 

暑いけど子どもたちの笑顔を見ると
元気になれますね(*^^*)

来週は、ラジオ体操の当番もまっています。
ですが、早起きの習慣ができてない我が家・・・。

 

子どもたちは、いつも大体、夜10時半くらいに寝て、
朝は7時に起きています。ええ、遅すぎです(涙)

 

子どもの発達や精神的な安定面からみても、
良くないんです。それを重々承知のうえで、
ここまで来てしまいました・・・。

 

これは、

 

☑ 働き方や仕事の内容

☑ 時間の使い方

☑ 行動の仕方や考え方

いろんな要因がからみあっていたので、
なかなか手がつけられない問題でしたが、

 

この夏休みを使って、改善に取り組んでみます!

 

と、言っても、一気に変わるのは間違いなく無理だし、
どこかにひずみがでるのは間違い無し。

 

なので、ステップを小さく小さく分けて
進んでいこうと思います。

 

それの設計図として今回使ってみるのが

トリノメ手帳のガントチャート。

 

 

最終目標と8月で最低限達成したい目標を、

左上のスペースに。

 

 

そして、小さく小分けしたステップを書き出します。

これは愛用の大きめ付せんに記入。

 

 

これを見ながら、1週間毎でおおまかな目標を決めてみます。

仕事やプライベートの予定と並べることで、

仕事などで忙しい時期は無理しないように。

 

お盆なんかは、帰省があってリズムがちょっと崩れますしね。

 

ちなみに、

この段階では私が頭の中で考えていること。

 

実際に行動に移す際は、きちんと子どもたちや夫と

話をして、意見を聞きながら進めます。

 

 

私が「こうしたら良いのでは?」と思ったことを

家族がいいと思うとは限りませんから(^^;)

 

 

これすごく大事。

何度も痛い思いをして私自身が学んできたことです(苦笑)

 

 

 

生活習慣はすぐには変えられません。

でも、

まず最初の一歩を踏み出してみないと、

変化は絶対に起こらないもの。

 

 

とにかくやってみます(*^^*)

 

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール


1級建築士・構造設計1級建築士。
トリノメ工房 手帳職人。

構造設計を15年間経験し、その間に自分で手帳を作り始める。

現在は、夫と設計事務所を運営しながら、オリジナルのトリノメ手帳を製作しています。

プロフィール詳細はこちらをご覧ください→★★★

マイストーリー

私がトリノメ手帳をつくるに至った物語をお話ししています。

マイストーリ一覧はこちら★★★

アーカイブ