定時退社をしたい。その目的をハッキリと言葉にできますか?

こんにちは。タテエツです。

 

昨日は、週に一回の非常勤講師の日でした。
私は構造計算を仕事にしてますが、
実は実は。

 

☑数式を沢山ならべて、
☑理論や理屈をどんなに説明されても

 

さ~っぱり理解できない「へっぽこ学生」(笑)
だったんです(^^;)

 

だから、学生さん達の

「何がなんだか、さっぱりわかりません~~~(´;ω;`)」

という気持ちは痛いほどわかります。

 

 

そして、仕事を始めてから

「この骨組みの、ここをこう押すとこうなる」みたいな、

 

『感覚で物事を理解している』ことの方が
数式の理解よりもはるかに重要

 

だと感じたので、そこを何とか伝えたいなあと思っています。

 

私も、教えるのが上手だとは言えないですが(^^;)
1つ1つできることをせいいっぱい。

何かの縁で知り合った学生さんたちですから(*^^*)

(こんな模型を作ってみました)

 

「ああ!そうか!」

 

と腑に落ちると、色んな事が納得できるし、
納得できるとスムーズに物事が進みます。

 

そんな「納得」

 

昨日の記事で、「定時退社」を目標に手帳を使ってみます!
高らかに宣言してしまいましたが(^^;)
昨日の記事はコチラ→★★★

 

納得できる理由。
そもそも、

 

☑どうして定時退社にしようと思ったか

 

それによって、

 

☑何を得たいか?
☑何が得られるのか?

 

この目的をハッキリとさせておくと、
納得できるのでスムーズに進めると思います。

 


どうして定時退社にしようと思ったか?


昨日もちょっと触れましたが、
仕事の内容によって、調べたり悩んだり、
受注先の予定変更によっても
スケジュールが変わりますから、
時間の予想が立てにくい仕事です。

子供ができるまでは、ずれた時間分を
残業でカバーできていましたが、
子供ができるとそうも行かない。

 

じゃ、それを誰が尻拭いするのか?というと、

☑会社員時代は、同僚でしたし、
☑今現在は、一緒に仕事をしている夫や従業員に
なってしまいます。

 

もし、
私が定時に上がれる=割り当て分をきっちりこなせるようになれば、

☑夫や従業員さんの負担も少なくなるし、
☑子供のためにも時間を使うことができます。

(子供の事については、もう一つ理由があるんですが、また改めて。)

 

これは、ほんと働き始めてから
ず~~っと望んできたことなので、
達成できたら死んでもいい!!くらいの
勢いです。死んじゃ困るけど(笑)

 

では、次回に

☑何を得たいか?
☑何が得られるのか?

これを明確にしてみたいと思います(*^^*)

 

 

☆Facebookやっています。

よかったらつながってくださいね(*^^*)
「ブログみました」と、一言メッセージを
添えていただけると嬉しいです♪

Facebook個人ページはコチラ→★★★

 

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール


1級建築士・構造設計1級建築士。
トリノメ工房 手帳職人。

構造設計を15年間経験し、その間に自分で手帳を作り始める。

現在は、夫と設計事務所を運営しながら、オリジナルのトリノメ手帳を製作しています。

プロフィール詳細はこちらをご覧ください→★★★

マイストーリー

私がトリノメ手帳をつくるに至った物語をお話ししています。

マイストーリ一覧はこちら★★★

アーカイブ