さりげない優しさに助けられています

こんにちは。タテエツです。

 

いよいよ夏休みですね。
子供たちは楽しみですが、親は前にひと仕事。

 

そう、個人懇談があります。
我が家もこの週末にあったんですが、、、。

 

懇談会の帰りに、授業で育てたピーマンの鉢植えを
持って帰らないといけないのをすっかり忘れてて、

 

自転車(しかもカゴなし)で行ってしまった私、、、(-。-;

 

バカ〜(>_<)

 

 

どうしたもんかと途方に暮れてたら、

 

『良かったら使ってください♪(*^^*)』と、

 

クラスメイトのお母さんが
大きな袋をくださいました。

 

ありがとうございますー〜
。゚(゚´ω`゚)゚。

袋には

『まいにちに発見を』

 

人の優しさにふれて、
幸せを見つけた感じです。

 

汗ダクになりましたが
おかげさまで無事持って帰れました。

 

こういう、さりげない気遣いや優しさって、
目には見えませんが、すごくエネルギーに
なります。

 

 

そうしたら、今度は同じ優しさを
誰かに伝えたいなと思えます。

 

 

ある日突然できるものではなく、
少しずつ積み上げていくもの。

 

 

親子でも、夫婦でも、兄弟でも
友人、知人、ご近所さん。

 

 

そして何より自分自身へ。

 

 

さりげない優しさで接することができる
心の在り方や、余裕をいつでも持って
いられるように、意識した生活をしたいですね。

 

 

余裕がなくなりそうな時は、
迷わず手帳を開きます。

 

書き出して整理したり、
振り返って思い出したり。

 

 

今回の袋をいただいたことも、

しっかり書き留めておこうと思います(*^^*)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


1級建築士・構造設計1級建築士。
トリノメ工房 手帳職人。

構造設計を15年間経験し、その間に自分で手帳を作り始める。

現在は、夫と設計事務所を運営しながら、オリジナルのトリノメ手帳を製作しています。

プロフィール詳細はこちらをご覧ください→★★★

マイストーリー

私がトリノメ手帳をつくるに至った物語をお話ししています。

マイストーリ一覧はこちら★★★

アーカイブ