01 予定は「必ず最初はマンスリーに書く」と、決める

こんにちは。タテエツです。

【タテエツの手帳の基本的な使い方@2017】
お届けしていきますね(*^^*)
(シリーズ一覧はこちら→基本の使い方

 

さて、


■ 予定が入ってきた時。まずどこに書きますか?


☑ 自分の予定は手帳。
☑ 家族との予定はスマホや、カレンダーに。
☑ 仕事の予定はデスクのカレンダーに・・。

 

「それぞれのツールを使い分ける」という意味で
分けていた時期がありました。

 

でも、書く場所が多くなれば、ブッキングや
うっかり忘れって増えるんですよね(^^;)

 

使い分けはもちろんいいけど、

 

☑ここを見れば全部書いてある!
☑ここに書いてある予定が最新のもの!

 

という、言わば基地とか、空母みたいな、
「スタート地点」を決めることが必要不可欠です。


■ 何と言ってもマンスリーが見やすい♪


トリノメ手帳なら、入り口をマンスリー1本にするのが1番です。

o0480064013583210118

 

☑見慣れたカレンダータイプ

☑2ヶ月見開きなので、先の予定も把握できる

☑追記したいことや覚書はメモ欄に書ける。

☑分冊なので、マンスリーだけ持ち歩けば軽い♪

 

こんな理由から、書きやすくて負担も少ないです。
まずは全ての予定をここに書いておいて、
それから、合間を見て家族カレンダーなどへ転記。

 

スマホやカレンダーなど、全てのものに
その都度一緒に書けばいいんですが、

 

毎日、なんやかんやとやることってありますから、
全部を同じように最新に書き換えていくって
なかなかできません。
(少なくとも私は。 ^^;)

 

でも、1ヶ所に決めてしまえば、負担もぐんと減ります。

 

負担が少ないって、継続には大切なこと。
気持ちもラクになりますよ(*^^*)

 

 

さて、マンスリーの書き方にも、
いくつかポイントがあります。

 

それは次回に♪

(シリーズ一覧はこちら→基本の使い方

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 5月19日
  2. 2017年 5月22日
    トラックバック:02 最初に休みを確保する

プロフィール


1級建築士・構造設計1級建築士。
トリノメ工房 手帳職人。

構造設計を15年間経験し、その間に自分で手帳を作り始める。

現在は、夫と設計事務所を運営しながら、オリジナルのトリノメ手帳を製作しています。

プロフィール詳細はこちらをご覧ください→★★★

マイストーリー

私がトリノメ手帳をつくるに至った物語をお話ししています。

マイストーリ一覧はこちら★★★

アーカイブ