家で仕事をするときに心がけていること

こんにちは。タテエツです。

 

梅雨明けした広島。

明ける前からずいぶんと暑くて、
挨拶といえば、
「暑いですね~(;^ω^)」

そんな暑さにやられたのか、次男が発熱。
家に持ち帰って仕事をすることになりました。

 


普段の設計仕事ではデスクトップのPCに、
モニターを2台つなげて使っています。

 

☑片方の画面で計算しつつ、
☑もう片方の画面で図面を書く

 

と言った使い分けなんですが、
これがとにかく便利!
効率よく動ける環境を整えるというのは、
時間も有効に使えます。

 

でも、子どもの突然の病気や、大雨警報などでの休校など、
突然、家での仕事を余儀なくされることもあります。

 

こんな風に、急遽家で仕事をすることになった時に、
私が決めているルールがあります。それは、

 


自宅で事務所と同じような仕事をしようとしない


例えば、図面1枚書くにしても、ノートPCと、
デスクトップPCだと、効率が全然違います。

 

☑ マウスの速度
☑ 画面処理の速さ
☑ 画面の大きさ、
☑ キーボードのキーの間隔などなど。

 

倍とまではいきませんが、私の場合、
1.5倍くらいは差がでます。

 

結果、イライラするし、時間も有効に使えないし。
だから「やらない」と決めました。

 

代わりに、

☑手書きでできるチェックや、
☑簡単な計算や確認事項のリストアップなど、

PCの性能や環境に左右されない仕事
選んでやるようにしています。
すると、ストレスは減りますし、時間も有効に使えるんです(#^^#)


状況、環境、時間や人の性格によって、
向いている事、向いていない事。
良いタイミング、悪いタイミングってあります

 

悪いタイミングで、向いていない事を
一生懸命がんばっても、あるいは人に要求しても
大体うまくいきません。

 

おもちゃが管理しきれない程たまった子ども部屋を、

「子どもだけできちんと片づけなさい!」

なんていうのもそうです(^^;
「あ、これは今やってもダメだなあ。」
「あ、これはこのタイミングでやらせてもダメだなあ。」

 

これが見えるようになってきてから、
「良い意味でのブレーキ」が、かけられるようになったので、
すごくラクになりました(#^^#)

 

いそがしいとどうしてもイライラしたり、
何から手を付けたらいいか分からなくなりがちですが、
意識して整えたいですね。

 

さあ、次男の熱もさがったみたい。
明日は元気に学校に行けるかな(#^^#)

 

 

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


1級建築士・構造設計1級建築士。
トリノメ工房 手帳職人。

構造設計を15年間経験し、その間に自分で手帳を作り始める。

現在は、夫と設計事務所を運営しながら、オリジナルのトリノメ手帳を製作しています。

プロフィール詳細はこちらをご覧ください→★★★

マイストーリー

私がトリノメ手帳をつくるに至った物語をお話ししています。

マイストーリ一覧はこちら★★★

アーカイブ