こんな自分でありたいと イメージするための私のアイテム

こんにちは。タテエツです。

昨日は久し振りに会う友人と
京橋川沿いのオープンカフェに。

広島京橋川沿い カフェレガロ

(画像はお借りしています)

 

感覚と言うか、大事にしたい事がとても似ている上に、
彼女はそれを言葉にするのがすごく上手なんですね。

 

私は頭の中で、即座に言葉をまとめるのが
すごく苦手なので、尊敬してます(*^_^*)

 

話しながら、

『そうそう!そうなんよ!!』

って、激しくうなずく事がたくさん。

気がつけば6時間以上話しているという
驚きの結果に(笑)

 

彼女の口から出てくる言葉の数々は、私の
心の声と沢山かさなってて、嬉しかった(*^^*)

 

でも、言葉にハッキリとできなくても
「イメージできればそれでOK」という事も
最近わかり始めました。

 

『私が大事にしたいのはこんなこと』

『私が暮らしたいのはこんな家』

『この人みたいな生き方ステキだと思うんだよね』

 

イメージができると、不思議とそこに近づくための
出会いだったり、きっかけが生まれます。

 

特に、

『大切にしたいこと』

『こういう自分でありたい』

『こういう人と一緒にいたい』

 

そういった『あり方』みたいなもの。
それがイメージできて、なおかつ言葉になり始めると、

☑︎ ゴールを決めて、

☑︎ 期限を決めて、

☑︎ そこまでの具体的なステップを決めて

☑︎ バリバリと行動する

という事をしてなくても、自分がもった「軸」に必要なものが
自然と向こうから寄ってきてくれる。
そんな感覚が今はあります。

 

手を広げてひたすら行動しまくる。そんな時期を経て、

『ちょっとだけ ペースを落として進んでいく』

『止まるわけじゃなく、毎日をもっとゆったりと楽しみながら、
噛み締めながら、大切な人と、
大切な物と生きて行く』

 

これが、今大事にしたい事(*^_^*)

 

言葉にするのが苦手なら、無理せずそこは頼っちゃうことにしました(笑)

 

自分のイメージに近い雑誌や本たち。
古本屋さんもよく立ち寄るようになりました。

 

夫のいれてくれたコーヒーを片手に、
パラパラと眺める時間が、とても愛おしいのです(*^_^*)

暮らしのおへそ 住宅読本

 

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール


1級建築士・構造設計1級建築士。
トリノメ工房 手帳職人。

構造設計を15年間経験し、その間に自分で手帳を作り始める。

現在は、夫と設計事務所を運営しながら、オリジナルのトリノメ手帳を製作しています。

プロフィール詳細はこちらをご覧ください→★★★

マイストーリー

私がトリノメ手帳をつくるに至った物語をお話ししています。

マイストーリ一覧はこちら★★★

アーカイブ