「追われて疲れが溜まるんじゃなく、楽しんで使いたいんです」 30代 女性

こんにちは。タテエツです。

 

先日、トリノメ手帳を購入して下さった
T様。フォローアンケートにこんなコメントを下さいました。

 

”時間管理と目標確認、達成感を見える化して、
日々に追われて疲れがたまる今よりも、
未来に向かって今を微調整しながら、
楽しむために手帳を使いたいと思っています。”

 

穏やかな雰囲気を持ちつつも、
ご自身の夢に向かって歩き始めたT様。

 

来年は相談業も始められるそうで、
その相棒に、トリノメ手帳を選んでくださいました。

とても嬉しいです。
ありがとうございます(*^^*)

12375097_203184126684503_4460430257014840044_o

 

「未来に向かって今を微調整」

 

これは、本当に大切なポイントです。

 

一度立てた計画や目標にしばられていると、
時間が経つにつれて、一番大切にしないと
いけないものが見えなくなる事が、
往々にしてあります。

 

道を間違えないためには、

『自分が目指している最終的な姿・あり方』
『目的地を明確にしておくこと』
 が、

絶対に絶対に!!必要です。

slooProImg_20161020120816.jpg

私は、これを4つの側面から考えています。

 

1)肉体的な面

・健康面でどうありたいか?
・どんな見た目でいたいか?
・どんな食事をしたいか?
・運動をどのくらいのペースでしたいか?
・休養やストレス発散をどんな内容で、ペースでとりたいか?
・・・など

 

2)社会・情緒的な面(主に対人関係)
・家族とどんな風に過ごしたいか?
・職場の人間関係はどうありたいか?
・友人との付き合い方はどうありたいか?
・人との会話はどんな内容や、どんな雰囲気でいたいか?
(グチや悪口満載なのはイヤだなあとか。)

 

3)知性的な面
・どんな本を読みたいか?
・どんなことを学びたいか?
・どのくらいのペースで学んでいるのが理想か?
などなど。

 

 

4)精神的な面
・自分にできるボランティアや奉仕活動はなにか?
・自分のなりたい姿、ありたい姿、生き方はどんなものか?
そういったことを定期的に見直すならいつか?
・芸術や自然、自分の気持が整う機会はなんだろう?
・そういう機会をいつ、どうやってもとうか?

 

 

こんな問いかけを自分にしながら、少しずつ書き出して明確にしてみます。

こうして見えてくるのが、

「微調整しながら向かう未来」

手帳に刻むスケジュールは、ここに向かう道なんです(*^^*)

 

 

これは、一気にやろうと思っても、なかなか進みません。

なので、ちょっとずつ進めましょう♪
手帳が相棒になりますからね(*^^*)

 

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール


1級建築士・構造設計1級建築士。
トリノメ工房 手帳職人。

構造設計を15年間経験し、その間に自分で手帳を作り始める。

現在は、夫と設計事務所を運営しながら、オリジナルのトリノメ手帳を製作しています。

プロフィール詳細はこちらをご覧ください→★★★

マイストーリー

私がトリノメ手帳をつくるに至った物語をお話ししています。

マイストーリ一覧はこちら★★★

アーカイブ