手帳のマンスリーとガントチャート どちらをメインにするか迷ったら

我が家の小学生の子どもたちは、
今日から新学期。

 

新しい時間割表ももらって帰ります。
忘れない場所に貼っておかないと。

(画像はお借りしています)

 

 

さて、大人にとっての時間割表は、
手帳のスケジュール欄かもしれないですね。
トリノメ手帳についている
マンスリーとガントチャート。


どちらも、1ヶ月から2ヶ月の
スケジュールを把握するためのツールです。

 

『じゃあ、どっちを使えばいいの?』

 

そんな疑問にお答えしますね。


■ 目安は、一日に入る予定の量


把握しておかないといけない予定や
約束が、1日に3件で収まるなら、
月間カレンダーをメインに使うほうが
把握しやすいです。

4~5件の予定が入ると、
月間カレンダーには書ききれないのと、
書いてもゴチャゴチャするので、
わかりにくくなるんですよね。

 


■ 見た目の感覚で把握するタイプかどうか


カレンダーは見慣れたスケジュール管理ツール。
それに比べると、ガントチャートは見なれない
ツールかもしれません。

慣れの問題ではあるんですが、

 

「使いにくになあ~~」
「見にくいなあ~」

 

という気持ちが強い時は、
無理せずにカレンダータイプを
メインに使いましょう。

 

予定が多くて、抵抗もないなら、
ガントチャートはスケジュールの
整理にはオススメですよ(*^^*)

 

例えば、ピアノやヨガのレッスン、
カウンセリングのように、
『一人のお客様に対して予定を把握する必要がある場合』は、

 

カレンダータイプよりも
ガントチャートが向いています。

 

基本の使い方もご紹介しています。
カテゴリーのメニューから飛べますので
参考になさってみてくださいね(*^^*)

 

☆Facebookやっています。リクエスト大歓迎です(#^^#)
「ブログみました」と、一言メッセージを
添えていただけると嬉しいです♪

Facebook個人ページはコチラ→★★★

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


1級建築士・構造設計1級建築士。
トリノメ工房 手帳職人。

構造設計を15年間経験し、その間に自分で手帳を作り始める。

現在は、夫と設計事務所を運営しながら、オリジナルのトリノメ手帳を製作しています。

プロフィール詳細はこちらをご覧ください→★★★

マイストーリー

私がトリノメ手帳をつくるに至った物語をお話ししています。

マイストーリ一覧はこちら★★★

アーカイブ