苦手な献立や食費節約に、手帳のメモページを食材ノートとして使う

近所のおばあちゃんから、ベーコンの
切り落としをおすそ分けしてもらいました。

 

大根と一緒にコンソメで煮込んだ簡単メニュー。
子供も大好きで、毎回ペロリです(笑)

 

毎日フルタイムで仕事をしていると、
献立をたてることや、食材の買い物は
毎回頭を悩ませるところ。

 

でも、トリノメ手帳のメモページに
食材メモを書くようになってから、
食費の予算建てや、献立を立てることが
ずいぶんラクになりました。

 

ESSEに特集されていた食材ノートを、
トリノメ手帳に応用しています。

【手順】

1)ウィークリーの間にあるメモページに
付箋を貼ります。

 

2)今、家にある食材や、ストック品を書き出します。


3)1週間の予定をみながら、大体のメニューを考えます。


4)足りないものを、別の付箋に買い物メモとして書き出します。


5)スーパーのチラシを見ながら、おおよその値段を書き出して予算立て。

 

6)いざ!買い物へ

 

7)帰ってきたら、予算と実際の金額をチェック。


最初に、大体の目安をたてているので、
びっくりするほどオーバーすることも
なくなってきました(*^^*)

 

COOKPADなどで見つけたレシピや、
好評だったレシピも、今はメモして
手帳に貼っています。

 

増えてきたら、レシピノートに
まとめようかな。

 

まだ今は、トリノメ手帳にレシピノートも
兼ねてもらおうと思います(*^^*)

 

目指すは、「おうち居酒屋」(笑)

 

☆Facebookやっています。

ぜひつながってくださいね(*^^*)
「ブログみました」と、一言メッセージを
添えていただけると嬉しいです♪

Facebook個人ページはコチラ→★★★

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


1級建築士・構造設計1級建築士。
トリノメ工房 手帳職人。

構造設計を15年間経験し、その間に自分で手帳を作り始める。

現在は、夫と設計事務所を運営しながら、オリジナルのトリノメ手帳を製作しています。

プロフィール詳細はこちらをご覧ください→★★★

アーカイブ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。