体が疲れても心は疲れないように。手帳に書き留める私の基準

こんばんは。タテエツです。

 

ちょっとここしばらく仕事が立て込んでおります(^_^;)

 

仕事場が近いので(なにせ徒歩5分)

夕方一度家に帰って、

夕ご飯の支度と、子供の寝る支度をしてから

再度、戻って仕事をする・・・ということも

最近はちょくちょくしています。

 

(もちろん、本意ではないのであくまで非常手段。

子どもたちにもこの数日だけ協力してねと、

兄弟で助け合ってもらっています。)

 

傍目にはとても忙しく、大変そうに映ると思いますが、

私自身は、どういうわけか、満たされた気持ちで

いっぱいなんですよね。不思議(^_^;)

 


こういう時、

体が疲れることと、心が疲れることは全く別物

なんだなって、しみじみ感じます。

 

たとえ短い時間でも、

☑ こどもと触れ合う時間をとったり、

☑ 夫に優しく接する余裕を持てていたり。

 

時間がない中でも、それに心を奪われないで、

大事なことを見失わない。

 

それができると、体は疲れても、心は疲れない状態でいられます。

 

そのためには、

今やらなくてもいいことは、思い切ってバッサリと切り捨てる。

そんな潔さも必要です。

 

物事に優先順位をつけるのは、案外むずかしいものですが、

意識することで、ちゃんとできるようになっていきます。

 

大事なものを、大事にできる。

時には、バッサリ切り捨てる潔さ。

 

その基準を忘れないためにも、きちんと書き留めています(*^^*)

 

ちょっとずつ変わったりするので、書き直しが

できるように、ふせんに書いて手帳に貼っています。

私にとって大事な人生の羅針盤です。

 

 

今週はちょっとこどもにも負担をかけちゃったから、

週末は一緒に過ごすように、スケジュールを組みました。

打ち上げ花火がある夏祭り♪晴れますように(*´∀`*)♪

 

 

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール


1級建築士・構造設計1級建築士。
トリノメ工房 手帳職人。

構造設計を15年間経験し、その間に自分で手帳を作り始める。

現在は、夫と設計事務所を運営しながら、オリジナルのトリノメ手帳を製作しています。

プロフィール詳細はこちらをご覧ください→★★★

マイストーリー

私がトリノメ手帳をつくるに至った物語をお話ししています。

マイストーリ一覧はこちら★★★

アーカイブ