地震や災害 防災への備えをしてない。そんな不安を1つずつ手放すために

こんにちは。タテエツです。

 

昨日、テレビを見ていたら地震速報が。
大きな被害が無いことを祈りながら、
いつ、自分が被災するか本当にわからないなと
改めて思いました。

 

最近、地震や自然災害が多いですが、
何かあった時のために、最低限
食べることだけは、
整えておきたいな と、思っています。

 

「食べられる」って言うことは
やっぱり生きていく基本だし、日々の幸せの
土台にあるなあと思いますから。

 

備えることは、手帳にも年間課題として
何年か前から掲げてきました。

 

そして、ようやく「食べること」に関しては仕組みを整えました。

 

それが、防災アドバイザー岡部梨恵子さん式ローリングストック→★★★

 

「時間を使うことは命を使うこと」

 

命を使って、不安を抱えた生活を送った上に、
「何もしなかったことを後悔する」なんて
したくないですよね・・・(´;ω;`)

 

万全の備えは無理かもしれません。

 

でも、

☑ できること

☑ 譲れないことを絞り込んで、

☑ 小さなステップで良いから、日々のスケジュールに
組み込んでいけば、

 

少なくとも、

「何もしてこなかった」

と、後悔することはありません。

私も、まずは、

☑ 専門家のメルマガに登録してみる

から始まって、

 

☑ 何を最優先するか考える

☑ 部屋を片づけて備蓄品のスペースを作る

☑ 仮の収納用品で試してみる・・・

 

と、少しずつ進めてきました。

 

今でも完璧ではないですし、
何度も見直しをしています。

 

でも、「何もしてなくて、とにかく不安」

 

だった時から比べたら、格段に不安が手放せました(*^^*)
不安が手放せたら、前向きに考えて行動する余裕も生まれます。

 

そして、大事なポイントの1つは、

 

「情報を沢山いれすぎないこと」

 

私は最初、何から手をつけたら良いかわからなくて、
雑誌を買い込み、ネットで情報を集めまくりました

 

結果、どうだったかというと、

☑ 余計、何から始めるべきかわからなくなり、
☑ 何が正しいかわからなくなり、
☑ 動けなくなってしまいました・・・(-_-;)

 

だから、

 

「この人の言うことなら信じられる」

 

と、自分が納得できる方からの情報だけに絞りました。
それが、
防災アドバイザーとして活躍されている
岡部梨恵子さんです。

岡部梨恵子防災アドバイザー

(写真はお借りしています)

 

ご自身の経験や、子供を持つ母としての想い。
そして、ずっと熱意をもって活動されていて、
その姿にとても共感したんです。

(岡部梨恵子さんのサイトはコチラ→★★★)

(メルマガはコチラから登録できます→★★★)

 

学びながら1つずつ仕組みができて、不安を1つずつ手放せた我が家。
この機会に、また改めて見直しをしたいと思います。

 

日々の色んな情報に不安を感じたら。

 

まずは、簡単にできることから、
手帳のスケジュールに加えてみませんか?

 

 

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール


1級建築士・構造設計1級建築士。
トリノメ工房 手帳職人。

構造設計を15年間経験し、その間に自分で手帳を作り始める。

現在は、夫と設計事務所を運営しながら、オリジナルのトリノメ手帳を製作しています。

プロフィール詳細はこちらをご覧ください→★★★

マイストーリー

私がトリノメ手帳をつくるに至った物語をお話ししています。

マイストーリ一覧はこちら★★★

アーカイブ